スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘッドホン復活!

先日、修理に出していたBOSEのヘッドホン「QuietComfort15」が、

約4週間の時を経てようやく戻ってきた。


いやぁ、この修理に関しては驚くことが結構あったかな。


まず、驚いたのはやっぱり修理代、というか交換代。

「お見積もり金が、16065円になります」


「高えな、オイ!」

というところでひとつ。

そして、ただアイテムを交換するだけなのでそんなに時間はかからん

だろうと思いきや。


「現在、BOSEの方が在庫を切らしておりまして、

発送の方が10月の末頃になる予定です」


「遅いな、オイ!」

ということなのです。

だって、修理依頼したの、10月2日だぞ?

そこから10月末頃までって、ずいぶん待たせるんだな!

……と、そう思っておりました。



そして最後に一つ。品物が届きました、という旨の連絡が来たのは

昨日のことで、帰り際、店に修理品を受け取りに行った。


……で、ここでちょっと言っておかなければならない。

今回、オレが修理を依頼したのはヘッドホン本体だけではなく、

付属するキャリングケースに関しても依頼をしていたのだ。


内側に、小物を入れるメッシュのポケットがあって、それに穴が開いて

交換用の電池とかがポロポロこぼれ出すのだ。


それも修理してと頼んだはずだが、これはされていない。


「いい加減だな、オイ!」

何ともなしに出そうになった魂の叫びでした。


で、おまけ。店員さんの応対で、

「お品物ご確認ください」といって、まぁヘッドホン本体が入ってる

箱のフタを押さえているシールをハサミ使って切り出したのだが、


その際に自分の指まで切ってしまってた。


「危険だな、オイ!」

でも箱に血をつけずにその後の引き渡しの行程までこなしたのは

good。絆創膏がオレの財布に入っていれば良かったのだが……。

補充しておくべきだった……。



とまぁ、そんな感じで

「高い、遅い、いい加減、危険」

という4拍子そろった修理は終わりを迎えましたとさ。

……一応言っておくが、別に怒っているわけではないぞ?



そして、やっぱり聴けば音が全然違う!

経過はどうであれ、このヘッドホンが戻ってきたのはすごく大きい。

これで明日からも通勤、通学中にクリアなサウンドで音楽を楽しめる!

と、ややテンション高めな今日この頃でした、とな。



よし、今回はここまでかな。

ではまた!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。