スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少し前の話をしようか。

時は12月1日。

その日、オレたち第47期研究科メンバーは「本所消防署」を訪れた。

P1000362_convert_20111204201757.jpg

P1000363_convert_20111204201828.jpg

P1000364_convert_20111204201849.jpg

この三枚は消防署の外観を別のアングルから撮影したものだが、


「これはなんの建物なんだろう?」


というのがオレの初見の感想だ。


どうもこの建物、「ピラミッド」と「ロケット搭乗塔(?)」をモデルに

しているらしく、内部の構造も実際にその通りになっている。


……内部の写真は撮るの忘れてた。残念ながらorz



………ところで、そもそもなんで消防署に来たのかというと、

先日決まった戯曲が消防ものだからだ。


念のためいっておくが、「小学生坊主」の方の意味ではないからな。




今回こちらで行ったのは、簡単な消防訓練。一般家庭とかのレベルで

避難体験、訓練を行う。


具体的には、

 ・消化器の使用訓練

 ・煙の漂う迷路での避難訓練

 ・震度7の地震体験

 ・人命救助の訓練

といったところだ。


まぁ、訓練なんて堅苦しく書いてしまったが、

20分くらいのお手軽体験ツアーみたいな感じなので、

本格的ではない。


が、一応一般人がどういう風に災害時に行動するか、

ということを知るのにはいい経験になったと思う。


で、後は本当に消防隊員や救助隊員がどういう訓練をしていて、

どういう風に行動しているのか、ということを学ばなければならない。


そのことに関しては……、まだどういう方針になるのかはわからない

ので、いろいろ考えていくことになるだろう。



そんじゃ、少し前の話はここまでで。


ではまた!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。