スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本格的に台本探し。

やたらと忙しい毎日を送っている真っ最中なのだが、今日は研究科の

メンツをそろえて卒業公演の台本探しに横浜へ。



……えー、いきなり「研究科」とか言われてもわからない人がいると

思うので、一応その説明を。面倒だったら読み飛ばしてください。


オレが通っている劇団は、「劇団ひまわり」というところなのだが、

ここの俳優養成所は年代や時間帯などに応じて、いろいろなコースが

設けられている。

年齢が下の順に、スモールキッズ、幼稚部、児童部、中等部、高等部、

青年部、シアタースクール、というクラスがあり、そして青年部には

昼間部、夜間部、そして本格的にプロを目指す全日制クラスという

3つのコースがある。で、さらに全日制クラスには、

最近新しく出来た、プロの声優を目指す「声優科」、

初心者が一からプロになるための訓練を受ける「研修科」、

経験者が本格的にプロの役者を目指す「研究科」

という三つのクラスで編成されている。

で、オレはそこの「研究科」というところに所属しているわけだ。

……まぁ、中身はそんなにスゴイわけではないのだが……。

あ、詳しいクラス紹介はここから飛んでみて。



まぁ、クラス紹介はそんな感じにしておいて。

今日は研究科のみんなで横浜へ参りましたとさ。


何故横浜なのかというと、ここには県立青少年センターというところが

あり、そこに「演劇資料室」というところがあるからなのだ。

P1000213_convert_20111013234450.jpg

建物の外観はこんな感じで、

P1000214_convert_20111013235005.jpg

内装、

P1000217_convert_20111013234415.jpg

そして演劇資料室。

資料となる本の数は確かに多く、ホームページ曰く

「図書約7000冊、雑誌約6000冊」らしい。

年代も昭和な感じの本から最新の戯曲まで、

幅広い年代の本やら雑誌やら資料やらが置かれていた。

「利用カード」があれば、資料を貸し出してもくれる。

こんだけあればきっと良い作品に出会えるはずだ!



……と思って探すこと4時間。

20人以上のメンツで、候補として挙がったのは5冊くらい。

これが「おお、けっこーな収穫!」と思うか、

「あんだけの資料があってこれだけ……?」と思うか、

ちょっと微妙……。

でも何も成果ナシよりはずっと良い。



そんな感じで、見つかった資料を借りて、来週の稽古で

みんなで通し読みをする予定だ。

どんな台本を読むことになるのか、今から非常に楽しみだ。


……さて、そんな感じで今日のところはここまで。

それではまた!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。